自家発電設備の点検方法が改正されました。
平成30年6月1日施行

総合点検における運転性能の確認方法は

以前

負荷運転のみ

改正

負荷運転または内部観察等

内部観察等とは?

消防庁が負荷運転の代替点検方法として規定した点検方法です。

①過給器コンプレッサ翼及びタービン翼並びに排気管等の内部観察
②燃料噴射弁等の動作確認
③シリンダ摺動面の内部観察
④潤滑油の成分分析
⑤冷却水の成分分析

内部観察の例

負荷運転の実施周期は

以前

1年に1回

改正

運転性能の維持に係る予防的な保全策が講じられている場合は6年に1回

負荷運転が必要な自家発電設備は

以前

すべての自家発電設備に負荷運転が必要

改正

原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の負荷運転は不要

換気性能の点検は

以前

負荷運転時に実施

改正

無負荷運転時に実施

株式会社ヨシダ防災設備への
お問い合わせ

弊社では、消防設備点検の
ご依頼をお待ちしております。
お電話またはお問い合わせフォームにて
お気軽にご相談ください。

お電話等でのお問い合わせはこちら
TEL 03-3697-1692
  FAX 03-3697-1735

メールでのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら