耐圧性能点検とは

既存の屋内外消火栓等消防用ホースまたは連結送水管配管について、設置後10年以上を経過したものについては、3年毎に耐圧性能点検が義務付けられています。
また、設置後10年未満のものについては、通常の法定点検をおこなった後、10年以上経過した際には3年毎に耐圧性能点検をおこないます。

耐圧性能点検の内容

屋内外消火栓等消防用ホース

●消火ホース端末部に充水し、耐圧試験機などによって所定の圧力まで加圧します。
●加圧は5分間おこない、その際に変形や損傷、接続部などに漏水などの異常がないかを確認します。

連結送水管配管

●送水口から動力消防ポンプ、もしくはそれと同等の試験をおこなうことができる機器を用いて、設計送水圧まで加圧します。
●その後、締切送水圧を3分間かけます。
●その際に送水口本体や配管、接続部分、弁類などに変形や漏水などの異常がないかを確認します。

株式会社ヨシダ防災設備への
お問い合わせ

弊社では、消防設備点検の
ご依頼をお待ちしております。
お電話またはお問い合わせフォームにて
お気軽にご相談ください。

お電話等でのお問い合わせはこちら
TEL 03-3697-1692
  FAX 03-3697-1735

メールでのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら